火の用心

 先日 固く型押しされ締まっている

革の加工中の事です

刃切れの悪い革を漉く時は

砥石で刃を研ぎながら漉くのですが

その際に出る火花が床屑に移って

機械下の床屑入れで燃えてしまいました

漉きながら視線の中で火の粉が落ちていき

直ぐに床屑入れを探しましたが見つからずに

そのまま仕事を続けましたが

そのうちに 髪の毛が燃える臭いがしてきて

 白い煙が機械の隙間からモクモクと出てきたので

再び床屑入れを開けたら 画像のように床屑が焼けておりました

初め探した時は小さな火種だった為見逃してしまいました

革屑は一度火がつくと直ぐには燃え広がりませんが

革の油分や漉いた細かい屑や機械の油等で徐々に燃えてゆきます

直ぐに燃え広がらない反面 水を掛けてもなかなかくすぶって消えません

ホースで水を掛け その後 バケツに燃えた床屑を移して水を浸します

よく起こることではありませんが 年に1,2回はしてしまいます

今回は機械の下の床屑入れででしたが

床屑を掃除機で吸いこませて作業している時に

掃除機の中で燃えると大変です

相当火がつかないと掃除機から煙は出てきませんので

いざ気付いて掃除機を開けると勢いよく燃えていますので

充分に気を付けて消火してください

仕事を終えた夜に火事になってしまわぬように

機械は常に綺麗に掃除し 仕事後は床屑入れや掃除機内の確認をしてください

 現在 床屑は事業系ゴミとして収集してもらっておりますが

昔はお風呂屋さんに燃料用として引き取ってもらっていたそうです

革は燃えるとカロリーが高いようで窯の痛みが速かったり

公害問題等から引き取ってもらえなくなりました

 昔は仕事後にお風呂屋さんに行くとタダで入れてくれたそうです

私も小さな時の記憶で 床屑を運ぶのに着いて行き

お風呂場の裏から女湯を覗いたのを覚えております

良い時代でした

くれぐれも火種には気を付けてください